iPhoneで手元動画を撮ってあげてみる 追記あり

  • Day:2011.11.02 22:03
  • Cat:osu
iphoneで手元を撮ってかつHD画質で上げる方法(手元以外も当然可能)
ウェブカメは買いたくないって人用。

まず先にyoutubeアカウントを作っておく。(既にあったらいい)

そしてこのアプリをiphoneにぶちこむ
http://itunes.apple.com/jp/app/720tube/id384615002?mt=8

なんでもいいので動画を撮る。

撮ったらアプリ起動。
aaa.jpg

YoutubeのIDとパスを入れてログイン。
IMG_0582.jpg

一番上のChoose video を押してカメラロールから先ほど撮った動画を選ぶ。
選んだら変換が始まる。
IMG_0583.jpg

変換が終わったら下の項目を打ち込んでいくのだが、
このときここで日本語を打ち込んでしまうとエラーが出てアップロードができない。
なので英数字を適当に打ち込んでおいて、後でpcとかで動画編集で名前などを変更すれば良い。
IMG_0584.jpg

カテゴリーもちゃんと選んでおく

できたらUpload Video を押す。
IMG_0585.jpg

アップロードが終わったら、先ほどの適当に打った項目を修正してしまおう。
上げてから5~10分くらいは、youtubeで動画に内部処理がされているのでじっくり待とう。




ask.fmの質問数が1000に達しそうなので、せっかくなのでなんかやりたい。
というかよく1000まで行ったなー、暇つぶしのつもりで作ったのにw

後、前ちらっと話したASIO4ALLについては
http://minezi.blog88.fc2.com/blog-entry-4.html
このブログを見ればいい。
とりあえず起動しておくだけでOK。
ただしWin7でx-fiのサウンドカードを積んでるって人は、
Win7とx-fiの相性の問題でASIO導入してもさっぱり。ってな感じになると思うので、
osuをやるときだけオンボに切り替えたほうがいいと思う。(ASIOは起動したままね)
(というかosu+win7+x-fiってのが相性最悪なのかな?)
後から調べたらWin7 64bit環境のx-fiにはASIO未対応らしい。
つまりASIO起動してオンボでやれってことやね
Creative爆発しろ

ちょっと近々ちゃんとした記事で書きます、なんか根本的に間違ってたくさい。これでできてなかった人いたら本当にごめん。

後最近はリアルの知り合いとAVAやったりしてます。
あのゲームほかのFPSにくらべるとめちゃくちゃ弾当てやすすぎてわろてしまう。
しかし来週にはMW3が出るのでそっちに精を出すかなー(BF3はスペック的にあきらめた)



LunahさんがBANされたそうですね。
まあ思ってることは皆一緒だろう、
ってか世界大会のページ見てたらあいつちゃっかり大会スタッフになっててワロタ、何を考えているんだ


こっから追記
冷静に考えてみると、
あんだけチート臭い人たちを弾圧し、
top動画、ワールドカップのスタッフと・・osuに少なからずの貢献(?)・・・をしてきた彼がなぜチートを使ったのだろうか。

2年前からあんだけチーターとチーター臭い人々をシバキ倒すことを生きがいにしていた彼が、
本当にチートを使ったのだろうか?
しかしppy氏によるときちんとチートの記録はあったらしい。
確かに彼の以前からの奇妙な行動(大会バックレ事件など)、最近のosuのプレイヤーのレベルの上昇、など
彼がチートを使いそうなファクターはいくつかある。
しかしそれ以上に彼はチーターを弾圧し続けていた。
もう一度、彼をかばうわけではないが、本当に彼はチートを使ったのだろうか・・・?
使っていたとしたら、本当にLunahとは一体なんだったのであろうか。

上記について私は気になっていたので、調べてみるとやはりosu内フォーラムでも彼について議論されていた。
彼の名前で検索すれば様々な推測(憶測?)が飛び交っている。
一度、目を通してみて欲しい。暇つぶしくらいにはなるでしょう。
スポンサーサイト

Comment

チートちょっと試しに使ってみるか~wwwwちょっとしか起動しないから大丈夫・・・・
ふぁっ!?検知されただってぇ!?ほぇ~・・・
  • 2011/11/08 05:10
  • URL
デデドン!(絶望)
はえ~~・・・すっごい無謀・・・
  • 2011/11/08 07:31
  • Rigeru
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。